男性

剣道に必要な防具の揃え方|部活を始める前に必読

表記から何を判断するか

構える人

剣道の防具は大きくミシン刺と手刺の二種類に分けられます。ミシン刺しは機械のミシンを使ったもので、値段が安く、年齢に関係なく幅広く使うことができます。手刺は職人の手作りで、使い手の体に馴染むしなやかさがありますが、値段は高くなります。

面に込めた職人技

向かい合う選手

面は現在、やわらかく丈夫なチタン製の棒を利用して作られています。剣道の防具は今日まで職人の手作業で作られており、職人の苦労によって形にされてきました。いまは通販サイトにて購入ができるようになっています。

中学生の初めての部活

試合

日本の伝統的な武道

子どもが中学校に入学して、気になることのひとつは、部活は何にするのかということでしょう。子どもにとっても、小学生時代にはなかった部活は、わくわくしたり、迷ったりいろんな思いがあります。子どもから「剣道部に入りたい」と言われたら、戸惑う親御さんは多いのではないでしょうか。「剣道って何が必要なの」「防具とか高いんじゃないの」と分からないことだらけ。しかし、子どもが自分で選んだこと、ぜひ応援してあげたいですよね。まず、中学校の剣道部で必要なものは、やはり防具一式です。初心者向けにセットで販売しているお店も多いです。防具一式とは、面、銅、小手、垂れ、竹刀、つばとつば止め、竹刀袋、剣道着、袴、面手ぬぐいです。これらを入れるバッグもセットについています。一式で5万〜7万くらいが相場です。夏場には汗を大量にかくので、剣道着、袴は2着あった方が便利です。いまはジャージ素材の剣道着があるので、乾きやすく、洗濯しても縮まないのがいいです。1着4000円〜5000円くらいで、綿素材よりも少し高いですが、軽くて動きやすいメリットもあります。防具の採寸は必須です。サイズが合わないと、動きにくく、ケガのもとになり危険です。竹刀は消耗品と考えておいた方がいいです。ささくれなどで2〜3か月で交換するのが一般的です。安いのであれば、1本1500円〜2000円です。また、昇給・昇段試験を受ける場合は木刀が必要になります。剣道は、礼に始まり礼に終わります。礼儀が身につき、子どもの心の成長に大きく影響を与える素晴らしい日本の武道です。きちんとした防具を身につけることで練習に打ち込むことができます。親御さんとしては、子どもが心身共に成長する姿を見守ってあげたいものです。

初心者向けの選び方

竹刀

剣道の防具にはミシン刺しと手刺しの2種類があります。どちらも縫い目のステッチの幅で品質が異なり、幅の広い方が衝撃吸収性が高くなっており、幅の狭い方が重厚感と高級感があります。それぞれの特徴を理解して、普段の稽古用と試合や昇段試験用とに分けて使用すると良いでしょう。