剣道

剣道に必要な防具の揃え方|部活を始める前に必読

表記から何を判断するか

構える人

ミリ表記と尺貫表記

剣道の防具にはたくさんの種類がありますが、その作り方によって大きく二種類に分けることができます。ひとつはミシン刺、あるいは機械刺と呼ばれるもので、防具の生地を機械のミシンを使って作っているものを指します。表記としてはミリ表記が一般的で、2mm、5mm、8mmといった表記がされています。このミリ表記はミシンの刺し幅を表わしていて、刺し幅が短いほど縫い目が細かい防具ということになります。基本的に、刺し幅が短いほど生地が硬く、丈夫になります。剣道をしていると、とかく防具は壊れてしまいがちですが、刺し幅が短ければそのぶん頑丈になり、壊れにくくなります。逆に刺し幅が長いと生地は柔らかく、クッション性が増すため、剣道の稽古で打たれても打撃の吸収力が高くなり、あまり痛くありません。そのため、初心者や小さい子どもの剣道防具としては、刺し幅が長いものが人気です。ミシン刺の防具は何より値段が安価なのが大きな特徴で、年齢に関係なく幅広く使うことができるため、汎用性の高い防具だと言えます。いっぽうの手刺と呼ばれるものは、文字どおり職人が手で縫って作っているものを指します。ミシン刺とは異なり、手刺の表記は尺貫表記になっています。たとえば、一分五厘刺、二分刺といった表記となりますが、何より柔らかな感触としなやかさに優れているという特徴があります。使う人の体に馴染み、修繕しながら使えば長持ちし、オーダーメイドも可能ですが、その分値段は高くなります。