剣道

剣道に必要な防具の揃え方|部活を始める前に必読

初心者向けの選び方

竹刀

ミシン刺しと手刺しの違い

初めて剣道の防具を購入する際、何を基準に選べば良いかわからない人は多くいます。様々な種類がある剣道の防具を選ぶ際に、参考にしたい基準を見ていきましょう。剣道の防具にはミシン刺しと手刺しがあります。昔はミシン刺しの質があまり良くなく、柔軟性が不十分でしたが、近年は技術が改善され十分な柔軟性を持つようになっています。ミシン刺しは刺し幅が何mmかによって品質が異なります。刺し幅とは防具を縫う際のステッチの幅のことで、幅が広い方が柔軟性が高く衝撃吸収性が高くなります。しかし、見た目の重厚感や高級感は、刺し幅が狭い方が良いといわれています。刺し幅の広いものは小さなお子さん用の防具や普段の稽古用として使用し、刺し幅の狭いものは試合用や昇段試験用とすると良いでしょう。手刺しは職人さんが手縫いで仕上げたもので、ミシン刺しよりも柔軟性があり使えば使う程身体に良く馴染む感覚があります。手刺しの刺し幅は一寸幅という表記になっているため注意が必要です。手刺しはミシン刺しに比べて全体的にしなやかさがありますが、刺し幅が大きい方が衝撃吸収性が高く、刺し幅が狭い方が重量感と高級感がある点は同じになっています。値段は全体的にミシン刺しの方が安価ですが、最近では外国産の安価な手刺しの防具も売っているため注意してください。手刺しの防具は国産と外国産ではほとんど見分けがつきません。手刺しの防具を購入する場合は、職人のいる剣道具店で購入するか、商品の表示を良く確認して購入することが大切です。